クラミジア検査を受け、早期治療を目指す男性

クラミジアは日本で一番多い感染症とされています。それゆえに多くの人が悩んでおり、年々若者の知識不足から感染する割合が増加傾向です。予防はもちろんのこと、まずはクラミジア検査をすることが大切です。

20代女性のおりもののにおいとクラミジア検査

性病や性感染症と呼ばれる疾患は、日本でも10代後半から20代にかけて感染する人が増えていると言われており、クラミジア検査などで感染していないかを確認し、もしかかっているのなら治療することがおすすめと言える病です。
クラミジアや淋病などの性感染症は、基本的には性行為や性的接触で感染しますが、飲み物を回し飲みしたり、不潔な風呂や便座、ピアスの穴開けなどでも感染する場合があるので、自分は一人の性的パートナーとしか関わっていないから大丈夫とは言えない状況となっています。
なぜ、クラミジア検査を受けることがおすすめかというと、クラミジアに感染したまま放置していると、女性では卵管炎を起こしたり不妊症の原因になることもあるからで、男性の場合も前立腺炎になる危険性があるからです。
そんなクラミジアはもしも感染していても、症状があまり感じられない特徴があり、そのため発見が遅れてしまう点に注意が必要です。
性病にかかっていることに気づくためのポイントとしては、女性ではおりもののにおいが強くなったり、色が黄色っぽくなって量が増え、排尿時に軽い痛みがあるとクラミジアにかかっている可能性があります。
また、女性のおりものの変化では、変なにおいがする黄色い膿のようなおりものが増えて陰部に不快感を感じる時は、淋病を疑うなど、感染する病原菌によって色々な変化がありますが、何かおかしいなと思った時は早めに婦人科で相談し、クラミジア検査などの適切な検査を受けることがおすすめです。
一方、男性が性病の感染に気づくためには、尿道から膿のようなものが出ていないかや、排尿する時に痛みが無いかなどのポイントに注意して、異常がある時は性病科や泌尿器科で相談しましょう。
最近では、郵送でクラミジア検査が出来るサービスを行っている会社などもあるため、忙しくて病院に行けない人はそのようなサービスを利用するのもひとつの方法です。