クラミジア検査を受け、早期治療を目指す男性

クラミジアは日本で一番多い感染症とされています。それゆえに多くの人が悩んでおり、年々若者の知識不足から感染する割合が増加傾向です。予防はもちろんのこと、まずはクラミジア検査をすることが大切です。

膀胱炎似のクラミジアは手術不要、クラミジア検査

男性で排尿痛があったり、尿道がかゆかったり、尿道からの分泌物が出るという場合、クラミジア感染症にかかっている可能性があります。
排尿痛があると、つい有名な膀胱炎を疑ってしまいそうになりますが、男性は膀胱炎を発症するリスクは女性に比べて低いとされており、クラミジアに感染したことで尿道炎を起こし膀胱炎に似た症状が出ている場合が多いので、泌尿器科でクラミジア検査をしてみるのがおすすめです。
また、女性では男性よりも尿道が短いので細菌が膀胱に入って急性膀胱炎になりやすいとされていますが、その場合、大腸菌などの他にクラミジアが原因になっていることも多くあります。
このように、膀胱炎と似た症状が出ることもあるクラミジア感染症は、クラミジアトラコマティスという細菌に感染している人と、セックスやオーラルセックスなどをすることでうつる病気です。
クラミジアに感染した場合、膀胱炎のような症状が出る場合もあれば、たいした症状が出ないこともあるため、感染に気づきにくく、感染を広げてしまうという傾向があり、日本でも感染者が多くなっていると問題になっています。
そんなクラミジア検査は尿や尿道の細胞、子宮頚管の分泌物などを調べることで感染しているのかを知ることが可能となっており、治療する方法も、手術などの大掛かりなことはいらず、抗生物質を飲むだけで良いので比較的気軽に治療に取り組める病気と言えます。
そのため、クラミジアにかかった怖れがある時はクラミジア検査を泌尿器科や婦人科、性病科などで受けるようにして、早めに対処しましょう。
なお、クラミジアにかかったまま治療をしないでいると、HIVへの感染率が上がるというデータもあり、女性では後になって子宮外妊娠の原因となってしまい緊急手術を受ける必要が出てしまったというケースもありますので、面倒がらずにクラミジア検査で自分や周りの人の健康を守っていくのがおすすめです。