クラミジア検査を受け、早期治療を目指す男性

クラミジアは日本で一番多い感染症とされています。それゆえに多くの人が悩んでおり、年々若者の知識不足から感染する割合が増加傾向です。予防はもちろんのこと、まずはクラミジア検査をすることが大切です。

性行為で病原菌に感染したら医療機関でクラミジア検査

性行為というのは、相手との親密な接触が前提となってくるため、性器や口内などの粘膜がある部分にキズなどがついていると、すぐに病原菌が感染してしまいがちなものといえます。このように、性行為によって感染する可能性がある病気は、性感染症や性病という名称でよばれていますが、いずれにしても種類が多いため、それぞれに見合った適切な対応をすることが必要となってきます。また、性感染症の場合には、たとえば性器クラミジア感染症と淋菌感染症のように、同時に複数の病原菌がかかわる病気を発症する可能性もありますので、注意をしなければなりません。一般的にいって、性感染症にかかった場合には、患部である性器やそのまわりに、できものができたり、水ぶくれができたり、皮膚が赤くなったりといった病変があらわれるとともに、発熱、排尿時の痛み、おりものの増加などといった、さまざまな兆候が自覚されるようになるものです。ところが、日本人にも比較的多いとされている性器クラミジア感染症のような場合には、病原菌に感染したとしても、まったく症状がなかったり、かぜなどと見間違うほどの軽い症状であったりすることがあります。そこで、病原菌が感染しそうな性行為をした場合には、病院などの医療機関でクラミジア検査をはじめとする検査を受けて、実際に感染しているかどうかを確認しておいたほうがよいといえます。いかに現時点では症状がなかったとしても、将来的にも同様であるとはかぎらず、かえって病原菌がかなり広い範囲にわたって繁殖することを許してしまい、結果として重症化してしまうことが考えられます。クラミジア検査は、尿や分泌物を採取する程度のかんたんなものですので、それほど心配をする必要はありません。