クラミジア検査を受け、早期治療を目指す男性

クラミジアは日本で一番多い感染症とされています。それゆえに多くの人が悩んでおり、年々若者の知識不足から感染する割合が増加傾向です。予防はもちろんのこと、まずはクラミジア検査をすることが大切です。

10代でもクラミジア検査できる?

クラミジアというのは、人体に寄生する微生物の一種であり、とくに性行為によって感染するリスクがきわめて高く、性器クラミジア感染症とよばれる病気をひきおこす存在として知られているものです。この性器クラミジア感染症については、男性の場合の初期症状としては、排尿時に軽い痛みや違和感がある、尿道から分泌物が出るといったものであり、女性の場合には、おりものの量が多い、下腹部痛がある、性交痛があるといったものになります。ただし、クラミジアは感染したとしても、実際には症状が出なかったりすることも多く、これが逆に感染を拡大させる要因になっている可能性もあるものです。感染したのに症状がないということは、その後も安心して多くの異性と性行為をしてしまうことになるため、相手もまたクラミジアに感染してしまうというわけなのです。こうしたことを防ぐためには、やはりクラミジア検査を受けて、陽性の反応が出るかどうかを確認するというのが、もっとも求められることであるといえます。たとえ症状がなかったとしても、クラミジア検査を受けていれば、感染した事実は確認できますので、治療に専念するなり、異性との性行為は控えるといった選択ができるわけです。このクラミジア検査は10代でもできるかどうかですが、むしろ積極的に検査を受けるほうがよいものです。実はクラミジアの感染者は10代にも広がっており、症状がないだけに拡散も心配されているところです。検査そのものも、尿検査か、あるいは分泌物をとって検査をするというスタイルですので、患者にはそれほど負担がかかるようなものでもなく、10代であっても特に物理的に検査を受けることが困難ということはありません。